永代供養とは | 人が亡くなった際に、困らないように様々なことの対応法を知る

人が亡くなった際に、困らないように様々なことの対応法を知る

永代供養とは

永代供養墓が注目を集めています

「永代供養」という言葉を聞いたことがあるという人でも、その意味を正確に把握しているという人は少ないのでは無いでしょうか。永代供養とは、お墓参りに行くことが出来ない人に代わって、お寺や霊園が管理や供養をしてくれるという埋葬方式のことを指しています。このようなお墓のことを永代供養墓とも言います。 永代供養墓は、他の人と同じ場所に安置されているおり、合同墓と言われることもあります。 承継者がいないという場合でも管理してもらうことが出来ることや宗旨・宗派などの宗教的な制約にとらわれない、生前に購入することが出来る、後々のお布施や管理費などが必要ないということもあり、最近は永代供養墓を希望する人が増えてきています。

様々なタイプがあります

少子高齢化社会が急速に進む現代の日本において、お墓の管理に対して関心を寄せる人は多くなってきています。以前は、お墓というと先祖代々受け継ぐものという存在でしたが、最近はいわゆる従来からあるお墓のイメージとは異なるお墓が注目を集めています。 永代供養墓の特徴として、建物の中にスペースを区切りそこに遺骨を保存するなどすることで、従来よりも安価に利用することが出来るようになっています。さらに、お参りはインターネットを利用して行うことが出来るところもあるなど、IT化が進んでいると言えます。 単身者や身内に迷惑を掛けたくないと考える人も多くなってきていることから、今後ますます永代供養墓を希望する人が増えると考えられます。